カテゴリ:詩( 25 )

人類の泉

私の生(いのち)を根から見てくれるのは

私の全部を解してくれるのは

ただあなたです



・・・


あなたによつて私の生(いのち)は複雑になり 豊富になります

そして孤独を知りつつ 孤独を感じないのです



・・・


あなたは私の為めに生まれたのだ  

私にはあなたがある

あなたがある あなたがある







高村光太郎『智恵子抄』 「人類の泉」より抜粋
[PR]
by coffee-cigarette | 2007-01-28 14:44 |

あの頃

ブルセラ病って、どんなん?

あたしテレビが無いのでニュースは専ら携帯サイトかネットなんですが、TVニュースで「ブルセラ病・・・」ってアナウンサーは喋ったんでしょうか。
セーラー服とか、ミニスカートとか、女子中高生のイメージが頭をかすめて・・・否、その映像に侵されて、動物の病気だなんて想像がつきません。




久々に詩の紹介。
冒頭の下品な話題(正確に言えば深刻な話を下品なものにしてしまった)は忘れてください。

『智恵子抄』を久方ぶりに引っ張り出したら、涙が止まらなくなってしまって・・・

「あの頃」という1編です。





あの頃


人を信ずることは人を救ふ。
かなりの不良性のあつたわたくしを
智恵子は頭から信じてかかつた。
いきなり内懐に飛びこまれて
わたくしは自分の不良性を失つた。
わたくし自身知らない何ものかが
こんな自分の中にあることを知らされて
わたくしはたじろいだ。
少しめんくらつて立ちなほり、
智恵子のまじめな純粋な
息をもつかない肉薄に
或日はつと気がついた。
わたくしの眼から珍しい涙がながれ、
わたくしはあらためて智恵子に向かつた。
智恵子はにこやかにわたくしを迎へ、
その清浄な甘い香りでわたくしを包んだ。
わたくしはその甘美に酔つて一切を忘れた。
わたくしの猛獣性をさへ物ともしない
この天の族なる一女性の不可思議力に
無頼のわたくしは初めて自己の位置を知った。
[PR]
by coffee-cigarette | 2007-01-13 02:02 |

苦しみの日々 哀しみの日々

PCも殆どいじってませんでした。
今しがた、久々に自分のブログにログインして、意外とカウンターが回っていたことに驚きました。
っていうか、先週の土曜日かしら、335ってカウンター回ってて、・・・何かの間違いだと思います。ええ。イタズラかねぇ。(どういう類のだよ。)
ともかく、心配してくれた方、その気持ちに有難う御座います。(友達にはホントに心配かけたのかしらん。ごめんなさい。)
休止してた理由は追って書きます。

今日はとりあえず、詩の紹介。
茨木のり子さんという、去年だったか今年頭だったか、お亡くなりになられた詩人の詩です。
彼女のことはルームメイトで後輩のTから教えてもらいました。
とても独立心が強く、心のしっかりした女性だったようです。それは詩からも伺えるんだけど、彼女のそういった気質を顕著に現したエピソードが、彼女の最期の時についての話。
自宅で脳梗塞か脳溢血みたいなことで倒れて、そのまま最期を迎えられたらしいんですが、現場検証するに倒れたのはキッチンだったようなんですよ。ところが彼女はちゃんとベッドで眠っていたというから驚きです。キッチンで倒れて、最期を知って、最後の力でベッドまで自分の身体を引きずっていったんですね。
これを聞かされて、俄然興味が湧いたんです。なんてかっこいい女性なんだと。
そんなタフでポリシーを最期まで貫けるプライドの高さを持った女性の詩です。
今のあたしの気分に丁度当てはまるので。







苦しみの日々 悲しみの日々



苦しみの日々 

悲しみの日々

それはひとを少しは深くするだろう

わずか5ミリぐらいではあろうけれど


さなかには心臓も凍結

息をするのさえ難しいほどだが

なんとか通り抜けたとき 初めて気付く

あれはみずからを養うに足る時間であったと


少しずつ 少しずつ深くなってゆけば

やがては解るようになるだろう

人の痛みも 柘榴(ざくろ)のような傷口も

わかったとてどうなるものでもないけれど

(わからないよりはいいだろう)


苦しみに負けて

悲しみにひしがれて

とげとげのサボテンと化してしまうのは

ごめんである


受けとめるしかない

折々の小さな刺(とげ)や 病(やまい)でさえも

はしゃぎや 浮かれのなかには

自己省察の要素は皆無なのだから
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-09-02 01:36 |

卯月の頃

こっこちゃんが活動停止する前に出したアルバム『サングローズ』に収められている一曲。
辛いことや悲しいことがあった時には必ずこっこちゃんを聴きます。
中でも『卯月の頃』は、ある時分のあたしの感情にあまりにもリンクしていて繰り返し繰り返し聴いていたことがあります。
作りこんでいないアコースティックな音に優しいこっこちゃんの声が重なって、ボロボロ泣いていました。





卯月の頃


擦り切れて
しまうと言って

結んだ小指を
切り離してしまった

あした
あなたは
笑っているのだろうか
抱えきれない
両手いっぱいの
悲しみの果てに


待ちぼうけの
麦わら帽子

ブランコに揺られて
バラは咲いたかな?

あした
わたしは
笑っているのだろうか
つないだ手と手を
あきらめて
なくした風景 ひとつ


ここまで
歩いておいで
歌を紡ぐように
鮮える空に
泣かないで
愛した光が キラリ


あした
あなたは
笑ってくれるだろうか
抱えきれない
両手いっぱいの
想い出を胸に
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-08-03 00:21 |

ハナノユメ

昨日チャットモンチーの『耳鳴り』買いました。

チャットのHP上でやっている秋のライブツアーのチケット先行予約で、リキッドルームのチケット押さえました。

メンバーのプロフィールを見たら、ボーカルの女の子と誕生日が一緒でびっくらしました。

なんか普通に嬉しいです。

だってあたしゃチャットモンチーにメロメロなんですもの。

早くライブが観たい。



「ハナノユメ」は、あたしがチャットを好きになったきっかけの曲です。

ラジオ(nack5でやってるチャットの番組)から流れてきたこれを聞いて、衝撃が走りまして。

思わず落涙した次第であります。

詞もいいんだけど(メンバー全員書くんですよ)、チャットはメロディがホント素晴らしいです。






ハナノユメ


薄い紙で指を切って
赤い赤い血が滲む
これっぽっちの刃で痛い痛い指の先

枯れてしまったピンク色のバラ
明日はちゃんと水を吸って
元気になりますように どうかどうか
幸せをあげるから

二本足で立つ地球の隅っこ
ふらつく体 バランスとれてるらしら
トランス状態抜け出せなくて
グルグルまわる 明日はどこ

薄い紙で指を切って
赤い赤い血が滲む
これっぽっちの刃で痛い痛い指の先


バラのトゲを見ていたら
あなたの心の寂しさが
痛い痛い とがった心臓
ドクンドクン 血がめぐる

二本足で立つ 地球の隅っこ
ふらつく体 トランス状態

二本足で立つ 地球の隅っこ
ふらつく体 バランスとれてるらしら
トランス状態抜け出せなくて
グルグルまわる あなたの声

薄い紙で指を切って
赤い赤い血が滲む
これっぽっちの刃で痛い痛い指の先

あなたのトゲが刺さったようで
これっぽっちの小さな傷が
痛い痛い まあるい心臓
ドクンドクン 血がめぐる

枯れてしまったピンク色のバラ
幸せをあげるから
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-07-05 12:45 |

生活

PCからの投稿は長い文をたいした労力もかけず書けるということです。

ってわけで、好きな歌の歌詞を。

Syrup16gの『生活』。

いちごちゃんも大好きシロップ。

『生活』を聞いた時の衝撃と言ったら!

なんだ!?この救いようの無い絶望感は!!

日常に潜む、あたしの心に巣食う絶望そして諦念が、ここにある、そう思った。

もう涙も出ない。












生活  



君に言いたい事はあるか
そしてその根拠とは何だ
涙流してりゃ悲しいか
心なんて一生不安さ

君に存在価値はあるか
そしてその根拠とは何だ
涙流してりゃ悲しいか
心なんて一生不安さ

I want to hear me
生活はできそう?
それはまだ
計画を立てよう
それも無駄

君の動体視力はどうだ
そしてその目に何を見てるんだ
誰が何言ったって気にすんな
心なんて一生不安さ

こんな世界になっちまって
君の声さえもう
思い出せないや

そこで鳴っている
そこで鳴っているのは
目覚まし時計
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-07-02 16:16 |

11分間

〈私たちは涙の谷にいるのよ〉と彼女は見えない友人に言った。〈人にはたくさんの夢があるけれども、人生は厳しくて非情で悲しいものでしょ。あなたは私に何を言いたいの?私が罪人になるっていうこと?それは誰にもわからないじゃない、それに、これは私の人生の中の短い一時だけのことなんだから〉
甘く悲しげな微笑みを浮かべながら、見えない友人は姿を消した。







パウロ・コエーリョ

『11分間』より
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-04-08 00:07 |

少年

青猫のエロスの神様(笑)、それはGRAPEVINEのヴォーカル田中。

あれは中学3年の時だったか高校1年のころだったか、ラジオから聴こえたバインの曲に心臓をブチ抜かれ、早幾年。

エロいよー、エロいよ、田中さん。

及〇奈〇の腰つきくらいエロいよー。

って、詞は別にエロくないよ。もう、ひたすらね、彼の声がね、エロい。

あと、個人的には首の辺りがエロいかと。

ギター弾く指とか(←これは王道?)。

エロいエロいって、エロはホント関係ない詞なんで。

真面目に書くと、田中の詞は色気がある、かなぁ。

匂い立つ。文学ぽくもあり、「ああ~この人すげー本読んでるんだろうなー」ってわかる。

その昔ラジオか何かで「トイレに辞書を置いといてトイレに入る時に辞書を開いて見るのが好き」って言ってて、それ真似しようと思いつつ、んな綺麗なトイレじゃないし、第一和式じゃあまりに無謀。そんなこんなで未だ実行できず。




『deracine』(デラシネ)というアルバムから「少年」の歌詞紹介。

田中はありきたりの日常を書かせたら日本一だと思う。

こんなに情緒的にやるせなさとか嫌気とか倦怠感を表現できるなんて!!





少年


交わした温もりなんて思い出せないだろう
歩いた道程なんて振り返らないだろう

伸ばす手を振り解く
そんな夢ばかりだって
こうしていれば通り過ぎてくだけ

歪んだ価値観だって染みついてしまうだろう
子供達はそれらを背負って
どこへ向かえばいいんだろう

照らしてほしいのは
そんな遠くばかりじゃなくて
目の前の本当の世界だけ

夜 目が醒めた
なんとなく知ってたのさ 知りたくない事
恥じる事など無い 憎しみだって
なぜか

照らしてほしいのは
そんな遠くの方じゃなくて
欲しいのは そう
そんな嘘ばかりじゃなくて
本当を言えば そう
いつも傍にいて
照らしてよ
本当を

交わした温もりなんて忘れてしまうだろう
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-02-02 21:50 |

うたは自由をめざす!

ソウルフラワーユニオンの「うたは自由をめざす!」の歌詞紹介。

地獄のこの世でアッパーに歌い上げるソウルフラワーは、ロックだ。

このうたを聴くとあたしは必ず泣いてしまいます。

あたしに何が出来るのだろう・・・







うたは自由をめざす!



ちらばって うたは自由をめざす
混ざりあって うたは自由をめざす
傷つけあって うたは自由をめざす
手を取りあって うたは自由をめざす

デタラメだらけの神々 家畜の歌合戦
世界の終わりのはなしが 茶の間に花そえる
ゲットーから うたは世界をめざす
戦場から うたは自由をめざす

這いつくばって うたは自由をめざす
こんがらがって うたは自由をめざす
とっちらかって うたは自由をめざす
体を張って うたは自由をめざす

デタラメだらけの神々 家畜の歌合戦
世界の終わりのはなしが 茶の間に花そえる
ゲットーから うたは自由をめざす
戦場から うたは自由をめざす

路地裏から うたは自由をめざす
ドヤ街から うたは自由をめざす
傷つけあって うたは自由をめざす
手を取りあって うたは自由をめざす

バグダッドで うたは自由をめざす
ノース・コリアで うたは自由をめざす
辺境から うたは自由をめざす
バビロンから うたは自由をめざす
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-01-25 15:59 |

日曜日よりの使者

SMパーティーで知り合ったM男くんがあたしに夢中です(笑)。
もうあたし以外の人に触られたくないんだって。まったく可愛いこと言ってくれるぜ。一体どこでそんな処世術身につけるんだか。


ハイロウズのベスト買ったんです。
ずっと気になってたんだけどテレビやラジオですごい聴くし、なんだかCDを買うまでには気持ちが向かなくて(あんまり聴いてるからなんとなく知った風にもなるし、なんとなく適当に満たされちゃって)、ずっと後回しにしてたんだけどここ最近のきっかけが重なり、じゃあ買ってみようかと、ベストを。

声に説得力あるボーカリストはやっぱ凄いよね。技術的な歌唱力云々じゃなくてさ。藤巻はもう、歌い上げちゃって上手過ぎるけど、でもやっぱあのエロ肉厚ボイスはすごいし、基央の世界観も負け犬感漂いつつそれを知ってることの力強さを感じるし、理樹くんの血を吐きそうな歌いっぷりも線の細い身体とあいまって美しいし。
ヒロトの声は、今更ながら胸をかきむしられると思ったよ。
なんかさ、泣けちゃうんだよ。
青春を、生きてることを、惜しげもなく表現する彼らに泣けてくる。弱ってる時にでも躊躇なく聴ける音楽だったと、気がつきました。ビバハイロウズ。ブルーハーツのベストも買おうかなぁ。

「日曜日よりの使者」はコマソンにもなってたし、TVで聴いても素晴らしい曲だと思ったけど、やっぱすげー泣ける。ボロ泣きしました。






日曜日よりの使者


このまま どこか遠く 連れてってくれないか
君は 君こそは 日曜日よりの使者

たとえば 世界中が どしゃ降りの雨だろうと
ゲラゲラ 笑える 日曜日よりの使者

きのうの夜に飲んだ グラスに飛び込んで
浮き輪を浮かべた 日曜日よりの使者

適当な嘘をついて その場を切り抜けて
誰一人 傷つけない 日曜日よりの使者

流れ星が たどり着いたのは
悲しみが沈む 西の空

そして 東から昇ってくるものを
迎えに行くんだろ 日曜日よりの使者

このまま どこか遠く 連れてってくれないか
君は 君こそは 日曜日よりの使者

たとえばこの街が 僕を欲しがっても
今すぐ出かけよう 日曜日よりの使者

流れ星が たどり着いたのは
悲しみが沈む 西の空

そして 東から昇ってくるものを
迎えに行くんだろ 日曜日よりの使者
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-01-11 00:35 |