<   2006年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

人は変わる。―オレのこと。

昨日、暇だったんですよね~・・・。

いや、ホントは妥当なのかもしれない。

だって12月に入ったデリのお店、とんでもなく忙しくて、ぶっちゃけ4万~5万円前後稼ぐのが当たり前だったの。

それが27000円だっただけで

「少なっ!!!!」

って思った自分、金銭感覚、おかしいって。絶対。

ただねー、完全歩合であるが故、

「稼いだお金=自分が必要とされている数値」

って考えてしまう節があって、あれだけ連日忙しかった分、「今日は一体なんだ!?これ!?」って思っちゃったんだよ・・・

人間脆いです。

立て直そう。自分のこと。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-01-31 14:24 | 仕事

オサレホテルde1泊

a0050186_18223045.jpg

青猫、今日は東京の某ホテルにお泊まりでござる。

なんとなく気分転換。

ネットで検索してたら可愛らしい内装のホテルを発見、安いし、これは良いと予約を取りましたの。
ちょいとタバコくさいんだけど、まぁよい。

バスルームも小さいけど、あたしが惹かれたのは写真にもあるように、家具のアイアンなんです。流れるように曲がった黒い鉄パイプ。

たまらんっ!

アイボリーのファブリックと美しい調和をなしておりますです。

景色は何も見えないけど、なんとなくロンドンで一泊したことを思い出しました。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-01-29 18:22

まったりと一周忌

28日、青猫のジイさんの一周忌がありました。

早いもので、うちのアル中ジジィが逝ってから1年が経ったのでした。

おじいちゃん、孫は風俗嬢だぁよ♪

死人に口無し。地獄で待ってろ、ジジィ。



あ、そんなこんなで法事に参加してまいりました。

いやにみんな和やかで、クソボウズ(高飛車ですごーく感じの悪い、徳の無ーい青二才なのっw)シカトして笑い転げておりました。

まずボウズが到着した際、妹ぴろこたんが

「あ、コンチハー」

って、ボウズに向かって挨拶。

・・・いやいや、いくら若いボウズだからって、コンチハはねぇだろ。
お前はボウズの友達か。

それから般若心経をボウズに合わせて唱えてたら、途中から誰かが輪唱してんの。
つまり、ずれてる。
ただでさえ「はんにゃ~は~ら~」っておもろいのに、これ以上腹のよじれるマネすんなよ!と、必死で笑いを堪えたんだけど、もう、肩が震えて震えて・・・
犯人は判ってます。
バァさんです。
ババァがずれてるんです。
しかも直す気配まるで無し。
さすがB型ファミリー。とことんゴーイングマイウェイ。

そのあとのお焼香。
またしてもやってくれました。
あばあちゃ~ん!!

「あらっ!あら~、靴下に穴あいとーわ。ほんになぁ、気がつかんだけん。だって、履いてしまったらあったかいがぁ。わからんがん。」

っていうか、おばあちゃん、喪服にボーダーの靴下合わせてる時点で既にファンキー。

親戚のおじいちゃんも靴下に穴開いてたし、みんな、何してんの。
あ、笑いかっさらいに来た?

その後お墓に行くと、何故か森の露出狂こと熊のプーさんのぬいぐるみが塀に鎮座しています。
どうやら弟が車につんであるプーめを持って降りたようです。
モノトーンの景色に突如黄色と赤のハーモニー。
もう、うちの家族わけがわからん。
しかも妹のぴろこたんは、母から真新しいストッキング貰ってはいてたのに、お墓についたら伝線してんの。

「あんた、もう伝線しとーがん!」
「ああ、なんか痒くてボリボリしとったらなったに。」
「なんやっとーかいなー。
 っていうか、エロい!!」
「んふふふ~」

墓場で「エロい」。
しまりのない家族だ。

一通りの儀式?が済んでボウズは帰っていきます。

「あ、アザース!!って言えばよかったよなー」
と、きょうだい3人で若干後悔。

その後はお昼ご飯を食べつつ談笑。
何話したか全く覚えてねー。
そのくらいどうでもいい話に労力費やしていた。

みんな食べすぎ笑いすぎで夕方はぐったりしてましたとさ。
こんな時は大〇胃酸がいいのかしらん。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-01-29 09:02

お洋服への接し方、買った詩集のこと

昨日、時間つぶしに某ファッションビルに「見てるだけ~♪」しに行ったんです。


あたし、以前よりすごくすごくすごくすごくすごく・・・気に入らないことがありまして。

昨日もそれに遭遇してしまい、いい加減もう、ウンザリしてしまいました。


洋服って、棚に畳んで置いてあるものもあれば、ハンガーに掛けて並べてあるものもあるでしょ。

問題なのは、ハンガーに掛けてある洋服で。

あのコら時々床におっこっちゃってることあるよね。

それをね、何故みんな拾わない?


何故拾わない?


何故拾わない?




昨日もそのファッションビルの洋服屋さん(ナ〇ユ〇バ〇スでしたけど)で、まさにそういう状況を見かけまして。

あたしは落ちてるのに気がついてすぐにでもそのコに駆け寄って拾ってあげたかったんだけど、そこには既に人が立ってて洋服見てるんですよ。
で、そういう状況で床に落ちてる洋服拾いに行くためだけにあたしがそこへ行ってしまうと、その人に対して失礼かもしれないと思い、しばし傍観するかたちをとったわけです。
何故失礼に当たるかもしれないと考えたかというと、あたしがつかつかと近づき服を拾ってハンガーに掛けることで、「な、何よ、あたしだって服が落ちてることに気がついてたわよ、拾おうと思ってたところを横からしゃしゃり出てきて!」なんてな風に、結果としてその人を常識/良識のない人に仕立ててしまう可能性があったからです。

そのオンナの視線の動きを見ると、明らかに洋服が落ちていることには気がついていました。

大体、洋服屋さんで洋服が床に落ちているという明らかに逸脱した状態、気がつかないわけがない。

心の中で「あの人は洋服に気がついている。あたしが拾いに行かなくても、ちゃんと拾ってくれないかしらん」と期待もしてたんです。

したら、どうよ。

拾わねーの。

もう、オンナが去った後、速攻で落ちてしまったカットソーの救出に向かいました。

「偉いねー。よく頑張ったねー。」と、心の中でいたわってあげました。


愛が、足りない。

愛が足らなさ過ぎます。

お前ら、洋服が好きなのか?

っていうか、落ちてるものを拾うくらいの常識もねぇのか?


気に入る/気に入らないはさて置いて、どのコもいずれは誰かの手に渡るわけです。

店頭にある間は誰のものでもないけど、反面誰かのものになる前の「みんなで共有してる」状態でもあるはずなのです。

「あたしのものじゃないから関係無い」のではなくて、「誰かのものになっていくものだから大切に扱う義務がある」と思うの。

「すみません~」って以前落ちてたワンピース拾って掛けた時に店員さんに言われたけど、それはあたしにじゃなくて、この洋服に言わんかい!!

店員さんも、ハンガーから服が落ちることはよく起こることだとはっきりと自覚して、こまめに目をやるとか注意をすりゃあいいのに、何故しない?

頭来るわ。




◇◇◇◇◇


洋服屋さんを一通り見た後、本屋さんで素敵な詩集を購入しました。

2冊買ったんだけど、どちらもジャケ買い。

どちらも挿絵があって、装丁も可愛らしいし、行間とかフォントのチョイスもしっくり良い感じ。

1冊はジャン・ジュネの『Un Chant d'Amour(愛の歌)』。日乃ケンジュという、あとがきによると30歳にもならない新進気鋭の画家の絵が挿絵に使われていて、木炭画のそれは滑らかで品があって同時に奇怪なグロテスクさも持ち合わせていて、かなり青猫好み。
もう1冊はオマル・ハイヤームの『ルバイヤート』。ロナルド・バルフォア(1896-1941)という画家の絵で、一瞬ビアズリーかと思った。ビアズリー大好きっ子の青猫としては思わず惹かれた一冊。衣擦れの音が聞こえてきそうなエロチックな絵。 

もうこうなると、詩の内容とか、どうでも良くなる(笑)。

だって、挿絵が美しすぎるから、視覚的にはもう腹いっぱいなわけで。

父さん、冬の富良野はクソ寒いわけで。(そんなこと純くんは言ってねー)

あとは、気分の問題なわけで。

そんなわけで、チビチビ読んでいくわけで。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-01-27 11:10

月の輝く晩に

a0050186_8222050.jpg

どんな出逢いがあるんでしょうか。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-01-26 08:22 | なんとなく写真

うたは自由をめざす!

ソウルフラワーユニオンの「うたは自由をめざす!」の歌詞紹介。

地獄のこの世でアッパーに歌い上げるソウルフラワーは、ロックだ。

このうたを聴くとあたしは必ず泣いてしまいます。

あたしに何が出来るのだろう・・・







うたは自由をめざす!



ちらばって うたは自由をめざす
混ざりあって うたは自由をめざす
傷つけあって うたは自由をめざす
手を取りあって うたは自由をめざす

デタラメだらけの神々 家畜の歌合戦
世界の終わりのはなしが 茶の間に花そえる
ゲットーから うたは世界をめざす
戦場から うたは自由をめざす

這いつくばって うたは自由をめざす
こんがらがって うたは自由をめざす
とっちらかって うたは自由をめざす
体を張って うたは自由をめざす

デタラメだらけの神々 家畜の歌合戦
世界の終わりのはなしが 茶の間に花そえる
ゲットーから うたは自由をめざす
戦場から うたは自由をめざす

路地裏から うたは自由をめざす
ドヤ街から うたは自由をめざす
傷つけあって うたは自由をめざす
手を取りあって うたは自由をめざす

バグダッドで うたは自由をめざす
ノース・コリアで うたは自由をめざす
辺境から うたは自由をめざす
バビロンから うたは自由をめざす
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-01-25 15:59 |

レイディオから

ウエンツくんはロビンのことが好きなんだって!!

いい趣味してんじゃん。

でもロビンの猛毒のごときエロスにはほど遠いな、ウエンツ。



ウエンツの捨て身の笑いの取り方はシンパシーを感じる。

あたしも捨て身で笑いを取りにいったら、ドン引きされました。

こんな時、どうしたらいいの?ウエンツ。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-01-25 15:47

共同

共同だったんです。

そこは共同だったんです。

あたしに必要なもの、あなたとあたしの間に無くてはならないものが、みんなのもので、あたしは本当に途方に暮れてしまったんです。


それは、

風呂


玄関に着いた時点で怪しかった。だって、どう見ても普通のアパートじゃない。
それは学生の頃見慣れていた、そう、下宿の玄関。


まさか、まさか・・・まさか、下宿に呼んだわけ?!

お客さん(アニヲタ)は玄関から出てきて、自分の部屋の軒先にあたしを案内し、こともあろうにそこから部屋に上がるよう、指示してきました。

・・・アリエナイ。

人んちあがるのに、玄関ではなく、軒先。初めてお邪魔するのに、軒先から部屋に通されました。

それだけでも相当凹んだのに(そういう礼節を欠くことは嫌いです)、通された部屋は万年床、所狭しと本や紙類、CD、衣類などが散乱しているのです。

布団が、また汚いの!!!!



・・・え、ここでしなくちゃいけないの?


ホント、泣きそうになった。


ふすま一枚隔てて人の通る音が聞こえます。

開けられてもおかしくないような状況です。

お客さんの部屋を開けてすぐのところは台所になっていて、人が立つと外に出ることは叶いません。

おかげで最初のシャワーが浴びられなかった(お客さんも既に浴びてたし、あたしもここ来る前に仕事してたから問題は無かったが)。
終わりのシャワーの時も人が通って出られなくなったらどうしようと、気が気ではありませんでした。



何故こんな、女の子が困るような、下宿などという空間に呼んだりするのだ。

限られた時間しかないのに、こんな状況じゃ、専念出来ないし、何よりデリヘル嬢に対して失礼ではないか。

お客さんではない男がすぐそばにいて身の安全も定かでないし、こんな汚い部屋によく人様を呼べたものだ。


ホント、こんなところでごめんねーと、しきりにその人は言っていたが、申し訳なく思うことが解っていたのなら、何故ホテルを取らない?

「こういうところにお住まいならホテルをちゃんと取った方がいいですよ。
 女の子も不安になるし、こうやって時間通りに終わらなかったりすると(人が通ったりすること  でスムーズにシャワー室と部屋の行き来が出来ず、結局時間食った)ドライバーさんにも迷惑 が掛かるんです。」

と、言っときましたよっ!!

「そうだよね。ホントごめんね。
 でもねー、住むにはいい所なんだよねー。電気代込みでなんと月3万5千円!」









・・・てめーが住む分に良いか悪いか、そんなこたぁこっちにゃ関係無いんだよ。
家賃がそんだけ安いなら、浮いた金でちったぁいいホテル予約しとけや!!!!



さすがにそこまで言わなかったけど、でも、あたしが言ったこと解ってるのかどうなのかわかんないこの発言、もう、スルーしました。

「ドライバーさんもう待ってるし、急がないと。」

と、バタバタ出て行きましたよ。

もう二度とこんな仕事場ご免だ。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-01-24 20:32 | 仕事

証拠写真

a0050186_19584137.jpg

わかりにくいけど、池の上から撮ったスワンボートの愛らしいケツケツケツ。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-01-24 19:58

上野にて

昨日友人Yと上野で遊びました。

嗚呼、そういえば上野動物園に行ったことが無いと思い、上野動物園に行きたいとあたくし提案。

アメ横の中にあるステーキ屋さんでお昼ご飯を食べてから向かいます。
その時、二人の間で一抹の不安がよぎりました。



月曜に動物園はやっているのか。



果たして、zoo、本日休館なり。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寒さに凍える畜生どもを、こちらもガタガタ震えながら見て元気になろうという目的があったのに、休館

何故調べてこなかったのかYに問い詰められても、知るかい!!
賭けてみたのさ。

まぁ、いいじゃん。

ってことで、動物園の入り口付近でやっていた陶器市を地味に見て、バルーンアートの大道芸人を適当に眺めて(いや、すごかったんスよ。バルーンアートに使う風船って全然膨らまないの!ビックシしちゃいました。)、神社で邪念だらけのお願いをして(Yが「早く帰れますように」と言った。)、その後、この日のメインイベントとなる不忍池に到着。

「ボートがある」

と言ったのはY。

あたしにそういう要らん情報を提供してしまった時点で、その後の行動は既に決まっていました。



極寒の不忍池でボート漕ぎ



ぃやっほーい!!

テンション上げて上げて!!

乗り込むボートは勿論スワンボート!!

池に誰もいねー!!

いい年ぶっこいた二人が白鳥さんで池に殴り込みをかけます。

お値段30分700円。

5分経過した時点でYが根を上げる。

うん、解るよ、その気持ち。

寒い上にあたしボート全然漕いでないんだもんね。操縦もしないんだもんね。


でも、頑張ろうよ、まだ25分もあるよっ♪


暫くすると可愛らしいカップルが手漕ぎボートで参戦してまいりました。

どんな阿呆だろうと、Yに「あのボートに横付けしろ」とお願いし、進まない白鳥さんでボートに地味に近づきます。

カップルはあたしらのことを不振に思ったことでしょう。

目が合った男の子は少々怯えた瞳でこちらを見ていました。

でも、クソ寒い池の上で食いもん広げちゃったキミたちの天然っぷりにうちらは敵いませんわ。

敢え無く惨敗。

その後も小学生くらいの姉妹とちっさい子ども3人がボートを漕いできましたが、ねぇ、なんでみんな白鳥さんに乗らないわけ?

大の大人だけかよ。ちっ、みんな器がちっさいな。


池でひとしきり凍えた後、喫茶店に行き、その後お好み焼き屋さんで夕飯を食い(このお好み焼き屋さんがとんでもなく美味かった!!)、あたしは仕事へ向かいました。



・・・しかし、仕事に行き、はたと気がつきました。

なんで食いもんのにおいが染み付くような食事をしてしまったのか!!

お好み焼き屋さんでお洋服と髪の毛がいい感じに燻されて、かぐわしいお好み焼きのにおいを仕事の間放っていたのは、言うまでもありません。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-01-24 19:56