<   2006年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

虫歯治療

虫歯を放置していたのは歯医者が怖かったから、という理由だけじゃあないんですね。
以前の日記で「やっとこさ住所変更した」という話を書きましたが、勘の良い方ならお気づきでしょう、住所変更をずっとやっていなかった間、あたしには保険証がなかったのです。
全額負担で医者にかかれるわけないじゃん!!
っつーこともあって放置してたんですねー。

今朝行って来ました。歯医者さん。
ネットで調べて良さそうな所へ。

そうそう、歯医者が怖くて怖くて堪らないも理由、機械で歯を削る感覚とか音とかも勿論そうなんですが、実家でかかりつけだった歯医者の性格が怖かったんです。んでトラウマ。歯医者って皆こんなキャラクターなんだろうなーって思ってたの。どんなキャラかっつーと、虫歯になってるから歯医者に行くのに、虫歯になったことをやたら責めたててくる性格(笑)。
「またか。なんでそんな虫歯になるかなー。あーあ。」
みたいな。まぁ長い付き合いだし、患者さん(患者様)というよりも近所のハナ垂れたガキって感じで接してたのかもしんないけど、こっちは虫歯で気持ちが弱ってるし、歯科医院に行くだけでナーバスなのに、追い討ちをかけるような先生の攻撃的なキャラクターに、逃げ場無しだよ。
だもんで、歯医者が怖かった。

でもねー、今日行った歯医者さんは全然怖くありませんでした。
虫歯を放置していたことも咎められず(地元の歯医者なら「なんでもっと早く来なかったんだ!!馬鹿野郎!!」くらい言うと思う)、とっても親切丁寧に接してくれました。
しかも綺麗な女の先生だったので、大満足です。
施術もあっという間に完了。レントゲン撮ったり削ったり、純粋な作業時間だけみたら10分か15分程度だったのでは。歯医者、色んなところに行ったことがないので地元の歯医者との比較しか出来ないんだけど、迅速な対応にも感動を覚えました。

もうこれで歯医者さんも怖くありません。
大人になったな・・・

まぁこれから約2ヶ月通院させてもらう予定です。ヨロシク!!美人ドクター!!
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-10-30 20:23

憂い

これから3年間あの写真で過ごさなきゃならんのか。

憎い、憎い。免許証。



歯が痛い。物凄く痛い。痛くてとても眠れそうにありません。

明日朝イチで歯医者行こう。バイト先には申し訳ないが・・・つか休んだことなかったバイト、休むことになるかも。いや、なるんだろうな・・・ごめんなさい。でも我慢できん。マジ死にそうです。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-10-29 23:15

遅い。

引っ越した先へ住所変更する場合、引っ越してから2週間以内にしなければならないということを、ご存知でしょうか。

大抵知っているんでしょうね。

青猫は今年3月に現在の住所に引っ越しました。
住所変更するために実家から必要な書類を送ってもらっていました。3月中にな。
しかし書類を放置、気がついたら1ヶ月が経っていました。めんどくさがりなんですよ。
そうして書類にやっと目を通すと、「2週間以内にどうたらこうたら~」って書いてあって、

「おいおい、とっくに2週間なんて過ぎてるじゃねぇか!!」

うわーどうしよう、これってもしかして無効になっちゃうのかなー。せっかく親に手間取らせて書類送ってもらったのに、なんか期限が切れてるっぽいー。

それにしても区役所に行くのが面倒くさい。
それに・・・期限過ぎてから役所に行って
「・・・なんだコイツ、こんな過ぎてから来やがって。バカじゃねーの。」
って嫌な顔されたらどうしよう~~~!!

って、確認もしないうちに勝手に八方塞がり、自爆していました。
んでそのまま放置。

そんで先月帰省したついでに母親に「実はまだ住所変更してなくて・・・」って恐る恐るカミングアウトしたらさらっと「あ、そうなの」って返されただけだったのでこっちは拍子抜け。
だって、住所変更まだしてないって言ったら、「あんた!!今まで何やっとってて!!?こげに何もせんかっただか!!??」って罵倒されると思って怖くて言い出せなかったのに。
それで3月に発効してもらった書類は無効になっちゃったかなと思い、役所に出向き発行してもらおうとしたら

「・・・青猫さん、以前書類発効していますよね?それがあるなら使えますよ。」

ってあっさり言われた。

・・・あたし何やっとったんだろう、今まで。

「確かに2週間以内にすることにはなってますけど、期限が切れても受け付けてもらえるものですし、ただしなんで届出が遅れたのか一筆書かされたり場合によっては罰金が課されることもありますけど、まぁ問題はありませんよ。」

だってさ。

なんだー!!一安心。

ってことで、運転免許の更新時期でもあるので、今日やっと区役所に行って来ました。
問題は無いと言われていてもやっぱりドキドキした・・・
だって・・・足掛け8ヶ月間放置してたんだからね!!あたし。
でも役所の方がみんな丁寧な対応をしてくれて、非難めいた視線もぶつけられなくて、心底ほっとしました。

いやーずっと、悪さしたことを大人に知られたくなくてそれをひた隠しにして日々ビクビクしながら暮らす子供のような心境で今までいましたから。
今、安堵感で一杯です。
なんだー、こんな簡単なこと、どうしてもっと早くしなかったんだろう。
今、心に青空が広がっています。

明日は朝イチで免許センターへ行ってきます。
免許の写真撮影だけが引っかかりを覚える事案です。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-10-25 00:02

古い民家のにおい

入った瞬間、「あ、古いおうちのにおいがする」と思いました。そのにおいになんだかほっとさせられました。
外観も年季の入ったクラシカルな佇まいで、愛さずにはいられません。

どこのことかと申しますと、渋谷は道玄坂にある「名曲喫茶ライオン」のことです。
喫茶店好きの人なら言わずと知れた名店ですね。
ご多分に漏れず青猫は喫茶店が大好き。カフェとかいう洒落た空間は落ち着かず、やはり時代に取り残されたかのような喫茶店と呼ぶに相応しいお店が好きなのです。
ライオンにはずっと行きたいと思っていたのですがなかなか機会をつかめずにいました。そうして先日ついに「よし、行くべか!」とインターネットでお店のHPを検索し、地図で場所を確認し向かったのです。

道玄坂と言えばラブホテル街です。大通りを一歩わき道に入ると、そこはもうありとあらゆるラブホが立ち並ぶ猥雑な空間。奥にはホテルが覗く坂道の途中にライオンは建っています。
「名曲喫茶ライオン」の看板が見え、建物が見えた瞬間、あたしは胸が一杯になってしまいました。だって道玄坂という場所にはあまりにも不釣合いなほど落ち着きを払い、成熟した高貴な空気を醸し出していたんですから。

静かに扉を開けて中に入ります。すると目の前には荘厳な木製のスピーカーが鎮座していました。圧倒的な迫力です。バイオリン音楽が流れていて、誰一人お喋りをする者はおりません。
そう、ここは名曲喫茶。音楽に耳を傾けるための場所であり、決してお喋りなどをするための空間ではないのです。
それは一人で来ることが最も望ましい場所。
喫茶店でより有意義な時間を過ごそうと、小説とノートとペンを鞄に入れて向かったのに、ついにそれらの出番は巡ってきませんでした。
吹き抜けになった2階、スピーカーのすぐそば、手すり横の席に腰を下ろし、ホットココアを飲みながら過ごす時間は、それだけであたしを充分過ぎるほど満たしてくれたのです。

これが老舗の持つ味わいなのか、席を離れるのは本当に惜しい気持ちでした。
建物も、そして主役であるスピーカーから流れる音楽も、歳を取っています。レコードではなくCDがあり、クオリティの高い音響システムもある今日、ライオンで聴くクラシックはサウンド的には良質とは呼べません。それでもこのお店の持つ空気感は病みつきになるものがあります。

今後青猫は毎週でも通うつもりですよ。うへへ。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-10-22 21:56

あるお客さんがいました。
あたしの父親くらいの年齢で、細くて背が高くて嘘をつかない人でした。

あ、別に死んだとかそういう話じゃあないよ。

その人との最初の出会いは最悪で、おじさんはいつも呼んでいるお気に入りの女の子がお店にいたんだけど、その日たまたまその女の子がお休みで代わりにあたしが行かされたわけです。
プレイの前に浴びるシャワーは絶対お客さんと2人で浴びたいのに(綺麗にするだけじゃなくて身体チェックも含むから)、おじさんは「もう浴びたから」の一点張りでなかなかシャワーに行こうとしてくれませんでした。結局あたしの粘り勝ちだったけど「○○さん(いつも読んでる女のコ)はそんなこと言わない」「そんな強く言われたの初めてだ」とちょっと不服そうでした。あたしはもっと不愉快でした。
でもプレイに入るとよほど気持ちよかったのか、あたしのことをいたく気に入ってくれて「また呼ぶ」と言って次の週本当に呼んでくれたんです。
しかし正直ファーストコンタクトが良くなかったせいもあり、あたしは心から喜べないでいました。それでも少しずつ色んな話をするようになり段々とその人に対する意識が良い方向へ変わっていきました。

おじさんは「お店を通して会うより2人で会う方があなたのためにはいいでしょう?だって僕がこれだけのお金を払ってもあなたが貰える額は半分くらいになるんでしょう?だったら仕事に出る1時間前にでもここに来て全額貰う方がいいんじゃない?」と、2人で会う事を提案してきましたが、おじさんに会うために早めに支度をして家を出るなんて面倒くさい、第一2人で会う事を許すほどそこまでお客さんのことをあたしは信用していません。ですから何度も何度その話を提案されながらずっとあたしは断っていました。
それでも時間の経過と共にあたしはおじさんに心を許すようになり、おじさんが下心からではなくあたしのことを考えて2人で会う方がいいんじゃないか?と言ってくれていることにも信用が置けるようになってきました。

そうしてデリの仕事の前ではなく、喫茶店のバイトが終わってからおじさんと会うようになりました。
おじさんは毎週地方から東京に出張に来ていて、「あなたと会うことだけが楽しみだ」と言ってくれました。デリに行く時のきちんと支度を整えた格好のあたしではなく、喫茶店のアルバイトの時のメガネをかけて適当な格好をしたあたしを受け入れてくれたことにも安心しました。
おじさんと会うときは夕ご飯を一緒に食べた後宿泊先のホテルに向かいました。

おじさんと会うことを了解したもう一つの理由は、プレイ内容がとても楽だということです。フェラも素股もしなくていいんです。キスをしたり乳首を舐めているだけですぐイッてしまうのでこれほど楽な仕事はありません。
あたしが生理の時はご飯だけ食べておしゃべりをして帰りました。喫茶店のバイトの後に会うという時間は絶対ずらさなかったので、あたしにとっても効率が良かったのです。
アルバイトの後会えない週はお店を通して会っていました。

先日、お店を通してこのおじさんと会いました。でもその週は喫茶店のバイトの後にも会っていたので、おかしいな、こないだ会ったばかりなのに、と変に思いました。
お部屋に入ると明らかに元気のないおじさんの姿がありました。
そうして、「なんだかもうあなたに会えなくなるような気がして、これで会えるのは最後になるかもしれないと思って電話したんだ」と言うのです。
病気?妙な虫の知らせ?

でも話をしていて解ったのは、おじさんが本当にあたしのことを好きだったということでした。
おじさんとは本当に色んな話をして、あたしも隠し事をしないで色んなことを伝えていました。
おじさんはあたしのことを本当に好いてくれて、そのことがかえって引っかかりを覚えるようになってしまったのでした。こんな風に会うのは心苦しいと。
毎週のように会っていたし、気の置けない存在となっていたおじさんに「もう会えないかもしれない」と言われて、あたしは悲しくなってしまいました。
そうして本当に悲愴な顔をするおじさんを見て、涙が止まらなくなってしまいました。
1時間、あたしとおじさんは泣き続けていました。


あたしにそんな風に想われる資格はないのに。嬉しい気持ちと申し訳ない気持ちでぐしゃぐしゃしなりました。
この先会えるのかはわかりません。多分、会うんだろうけど(笑)。でもきっとご飯を食べてお喋りをする間柄になるんだと想います。
風俗嬢と遊ぶにはあまりに純粋な人でした。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-10-20 18:36 | 仕事

ゆるキャラ

しっかりしていて非の打ち所のない人はカッコいいけど、何か抜けてる人が大好きです。より正確に言うと、抜けてるところを可愛いと思えれば最高、ってことです。

あるお客さんの話。
学生さんでめっちゃ人見知りなのか話しかけてもあまりレスポンスがなくて、こりゃあ困った、とっととプレイに持ち込んで喋らなくてもいい状況に持ち込もうと思ったんですが、完全に受身な人で、おまけに早々に果ててしまったんです。
時間余ってるけど・・・どうしよう~どうしよう~オーパッキャラマドパッキャラマドパオパオパパパ・・・

「何か趣味はある?」

会話に困ったら趣味を訊く。
なんか面白いこと言ってくれるかなーとも思ったわけです。というのも、彼のお部屋にはギターがソフトケースに入れられて置いてあったから、「ギター弾くんだね」って話振ったら、

「・・・いや・・・、つい最近買ったばっかりで・・・」

「あ、じゃあこれから友達とバンドでもするんだ」

「・・・いや・・・なんとなくかっこいいなぁって思って・・・」

って、音楽やギターに対するギラギラした情熱がおよそ感じられない回答を得たわけで、会話はなかなか続かないんだけど、「やべー、コイツすげーツボだ」って面白くて面白くて個人的には勝手に和んでいたんです。

で、上記質問に対する回答。

「趣味っていうか・・・昔手品をちょっとやってて・・・」

手品!!!間が埋まるがん!!

「へぇ~~!すごいじゃん!今何かやって見せてって言ったら出来るもの?」

したらば、無言でなにやら荷物をガサゴソし始めておもむろに手品を始めました。
マジシャンらしいハキハキとした人を惹きつけるような会話術はなく、ど素人感満載な

「・・・あ、え、えーと、ここにトランプがあります・・・」

って、喋り方から既に拙い!!!
アリなのか?手品やろうとするのに自信なさそうなのはアリなのか!?
なんて面白いんだ!!

終始メリハリがなくて、手品自体は成功なんだけど空気感がゆるすぎて驚きがない(笑)。それでも青猫は食いつくわけです。いや、確かに正確な仕掛けはわかってないからね。

「さっきのカードはどこにやったの?!」
「・・・き、消えちゃった・・・」
「いやいや、消えないよね。どっかにあるんでしょ?どこ?」
「・・・えっと・・・どっか・・・消えちゃった・・・」
「もっかい出せる?」
「き、消えちゃったから・・・」

って、拙いながらそこは一応ロマンを残そうとするわけです。そこがまた可愛い。
3つくらい手品見せてもらったけど、手品云々ではなくその男の子が兎に角面白くて、すごく一生懸命なんだけど、こっちがめっちゃ気を遣って鑑賞してました。でもそういうところがまた可愛い。
つーか、新しいよ?鑑賞者が気遣って観るマジック。
コイツは開拓者だ!パイオニアだ!





飲食店でバイトしてるらしくて、「あたしも喫茶店でバイトしてるよ」って言ったら、

「あの・・・、接客で大事なことってなんでしょうか・・・」

って訊かれた。

「なかなか上達しなくて・・・」


確かにキミのキャラじゃ接客は大変そうだね。声も小さいし挙動不審だし無口だし。
なんていうか、割を食っちゃうタイプ。すごくいい子なのに、いい人過ぎて押しやられてしまうような。もったいないなぁ。
最高に面白かったのが「就職試験のつもりで面接に行ったらアルバイトの募集で、結果的に今の飲食店でバイトしている(しかもバイトが忙しくて就活がままならない)」という、ちょっと笑うに笑えない話。

しかし最後に見せてくれた彼の笑顔はくしゃくしゃで、それはそれはチャーミングで、そんな笑顔が出来るなら大丈夫よ、と思ったのでした。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-10-18 17:38 | 仕事

にんまり。

昨日は原宿にある大大大好きなセレクトショップ「ランプハラジュク」でお洋服を買いました。
ランプ大好きで、もう好きすぎて気が狂いそうなんですけど、なんせ高い。
すんげー高いの。安いアイテムでも7000円台~1万円くらい。大抵の商品は2万円前後は当たり前にする。
だけん今までどんなに可愛いなぁって思っても値札見て「・・・無理だがん」って諦めざるを得ないことばかりで。
でも誕生日に自分のために奮発するってことを学生の時分からやってきてるので、一念発起何か買ってやるぞ!と、ランプに向かったわけです。
したら吊るしてあったYAB-YAMのワンピがそれはそれは可愛くて。YAB-YAM大好きなのです。YAB-YAMとmina perhonenは本当に大好きで、今一番憧れてるメゾンなんですが、高い。兎に角高い。買えない。
でも今日のあたしはちょっと違う~♪試着さしてもらってやっぱり可愛くて、別のデザイナーさんのワンピも試着したんだけど、ヤブヤムのワンピの方があたしっぽくて、ショップのオネーサンにも「ヤブヤムの方が雰囲気に合ってますね~」なんて言われて、ほいほい調子に乗っかって、買っちゃった!!
学生の時頑張って買ったオンキョーのコンポくらいするワンピースなり。
ヤブヤムらしい、長閑で牧歌的でいながらユーモアのある素晴らしいお洋服です。
おうち帰って早速着替えて夕ご飯を食べに行きましたとさ。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-10-18 16:48

はい、

っつーことで、青猫です。

誕生日です。ご友人の皆様、あたくしにコングラッチュレーションなサムシングはなくて?

別に嬉かねぇよ。誕生日なんて。ちっ。

でもあたしを産んだマザーはマジ凄いぞ。子供産むなんてマジ凄いぞ。みんなの母ちゃんもそのまた母ちゃんもそのまた母ちゃんも、みんなすげーぞ。

だけん、お母さんすげー!!!な日。(父置き去り。)


NHKの番組を観ていたら中村くんの『笑顔』を思い出しました。
笑顔を描き続ける筋ジスの男の子を追ったドキュメンタリーでした。すげーいい番組だったと思います。つかね、その絵がすごくいいんだよね。柔らかくて、温かみのある、笑顔。
笑顔ってすごいなって思った。

どうあれ笑いはずっと 病気を治すより 生まれる前からあって~

中村くん、あんたはすごいよ!!天才だよ!!(みんな知ってる。)


今日は買物します。オレのために!!アウイエー!!(←山中さわお風味)
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-10-17 01:22

明日もオレ息してるかなんて知らない

っていう歌詞の曲が1曲目でした。
相変らずタイトルを覚えません。どうも青猫です。

新宿ロフトであったアートのライブ行ってきました。対バンは町田康ですよ。
町蔵、初めて見た。あの人、立ってるだけで空気変わるね。なんか体内でハイになれるもん生成しとんのじゃないかってくらい、いい目しとる(笑い)。
詩の朗読が良かったけど、歌は何喋っとんのか聞き取りにくくて、第一メロディのないパンクかまされても正直ピンと来ないので、町蔵は途中で帰りました。すんません。アートが後だったら観たのに。

アート、相変らずもくもくと演奏続けてました。
「こんばんは。アートスクールと言います。」
って、りっきー最初の発言は、後半も後半、
「えー、早いもので残り3曲となりました。」
って時だったけんね。

残り3曲になってから自己紹介すんなよ!!

「3曲歌ったら家に帰って寝ます。」

って、毎度毎度、MC緩い。

「ロリータキルズミー」やらないなぁ、もしや実験的に封印したのかも、なんて思ってたら、最後にやりやがった。うーん、最後に持ってこられてもな、それなら「今回は封印」って方が面白かったのに。
「あと10秒で」を聴く度に涙が零れそうになります。あれはほんに名曲だ。

ロフトの後ろでノリノリで聴いていた女はあたしです。




これで午後イチで行った美容室で髪型失敗しなけりゃ最高だったのに。畜生。(あたしの注文の仕方がきっと悪かった。)
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-10-14 00:17 | 音楽

トラックバックに関して

ここ数日、エントリーすると関係ない広告系のトラックバックが目立つので、ログインの度に消去するのも鬱陶しいし、しばらくトラックバック機能は停止させてもらいます。
関連あるお話でトラバしてくださった方には申し訳ないのですが。ごめんなさい。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-10-12 10:49