オ・ト・ナのパーティー

青猫、SMパーティーに行って来ました。
ある女王様が主催するパーティーで、東京は新宿の○○の一室にて開催。
M男くんと素人S女性が参加者で、SMに興味があっても接する機会がない素人女性にSMを楽しんでもらおうというのがパーティーの趣旨。

部屋に到着したら女の子あたししかいなくて(勿論主催者の女王様はいるけど)、初めのうちマジ居心地悪かった…。男ばっかだし。しかもみんな喋らないし。あたしも素の自分で行ってるし、SMパーティーなんて行った事ないしで緊張&人見知りのせいで馴染めないし。

結局最後まで人見知りっぷりは直せなかったんだけど、でもすごい楽しかったです。
まぁSMプレイ一通り見せてもらった。
鞭、蝋燭、縛り、フィストファック、針、浣腸…etc。
鞭は青猫も教えてもらってビシビシやってました。初鞭!!マジ感動…。一本鞭がかっこいいけど、一本鞭はあまりに痛いので耐えられるM男さんはおらずバラ鞭振ってました。でも振る度に「青猫さん上手くなってるよー」と女王様にもM男さんにも言われちょっと嬉しかったです。蝋燭もたらしました。低温蝋燭ですよ。何故か普通の蝋燭もあって、それ使ってた女の子もいたけど、さすがに青猫それは出来なかった。怖すぎるよー、普通の蝋燭なんて。(低温蝋燭は夏暑いと形が変形することもあるくらい融点低いんだよ。)縛りも亀甲縛りだけ教えてもらい。
フィストファック(お尻の穴にウデを突っ込むやつ)はちょいと爪が伸びていたのが気になって辞退しました。針も医療知識無いので…。浣腸は女王様がイチジクを二人に施して、M男の耐えている姿がとても可愛かったです。それで便意を催したM男のトイレを見に行った女の子いたけど、あたしはさすがに出来んかった。ウ●コ無理。
すごいM男さんがいて、“尿道綿棒”見せてもらった。尿道に綿棒通すんですねー。しかも3本も!!「尿道って拡張するんだ!」と、身体の神秘でした。フィストも凄いけどさ。

シティホテルの一室でSMパーティーって凄いよね。
どんな淫靡な空間が広がるんだろうと思ってたら、終始笑いの耐えない和気あいあいとしたムードでした。マジで!!SMって笑いと紙一重だよなと改めて思ったね。

一人すごい可愛いM男くんがいて、「あぁ、この子欲しいなー」と思ってたんだけど、人見知りのせいで話しかけられないしSMプレイだって出来ないから、ずっと椅子座ってたら向こうから
「青猫さん、鞭で打ってもらえませんか?」
って話しかけてきてくれたので、小躍りです。
何が可愛いって、まぁ見た目も小柄で可愛いんだけどリアクションが女の子が身悶えてるようでたまんないのよ!!ちっさくてひょろくて声が可愛くて、思わず「飼いたいよ~」って言ったら、
「青猫さんが良ければ飼って下さい」
って。あぁいかんいかん。ここにいるのはマジMだけんな、本気にされると大変だ。っていうか、あたしだって甲斐性がありゃ全然飼う気満々だけど、そんな余裕無いし、大体住む所だってさ、変えなくちゃいけなくなるよね?それ大変だがん。
「飼いたいのはやまやまだけどそんな甲斐性ないもん」
と正直に答えました。ちょっとその子が寂しそうにするので、もうっ!!キミ可愛すぎるよ!!
そんな可愛げがあたしにもあればなー。
可愛いってやっぱ得だよなー。

あとね、M男はみんなマッパになるんだけど、仕事じゃないと男の裸って結構気持ち悪いなって思った自分に驚いた。見る分には別に平気なんだけど、触りたくなかった。電車とかで隣に男性が座ってきて身体が触れたりするのも実はすごい嫌悪感あるんだよ、あたし。あれなんだろうね。仕事で散々触ってるから嫌なのかなぁ。あ、でも見る分にも好みじゃない男は見たくないって思った。うん、だから私的に参加してるから、平等にM男さんを愛せなかった。そういうの良くないよなぁと頭では解ってはいてもなんかね、ダメだった。そういう自分に結構驚いてしまいました。あぁ、そうそう、だけんね、チ〇コ見るのも辟易してた。ぺニバンしてる女の子いたけど、そういうあからさまにセックスを連想させるものは嫌気がさしたね。したくないなって思った。

参加してみての感想は、鞭と蝋燭はすこぶる楽しいということと、デブM男は嫌いだということでしょうか。あと、チ〇コはもうたくさん!!

(ご友人の皆さん、あたしのこと嫌いにならないでね…引かないでね…)
[PR]
by coffee-cigarette | 2005-12-19 00:31 | SM
<< バトン第3弾 地図の読めない女・漢字の読めない男 >>