やっぱり女王様だった

SMショー観てきました。
2週間以上に亘って行われるショーで、2~3日毎に出演者が入れ替わるんですね。で、今日見に行った回には、青猫が参加しているSMパーティーの主催者である女王様がM男調教プレイで出演されてまして。
パーティーではあまり女王様ぽくなくて、Tシャツにジーンズ姿、主催者なのでM男が無理やわがままををしないように、またS女性が安全に楽しめるように常に周囲に目を配ってて、基本的にはプレイしなかったので、女王様らしい姿というのは見てなかったんですが、今回のステージでちょっと垣間見ることが出来て、思いがけず感動してしまいました。
また、一緒に出演したM男くんが、パーティーで雑用係をやっていた男の子で、M男だってことは解ってたんだけど、パーティーではあくまでもスタッフであって彼がプレイに参加することは無かったんです。(チ〇コに針刺したり、ラバーの鞭―すげー痛い―をお手本で受けてくれたりっていう、サンプル的に借り出されることはあっても、あくまでドリンク入れたり片付けしたりっていう裏方作業をしていた。)というわけで、平素の彼しか見ていなかった青猫は、ステージに立つ怯えた、切なそうな彼を見て、「ゎ~~、△さんってこんな顔するんだぁ~~♪こんな声出すんだぁ~~♪」と、胸がキュンッとしてしまいました。

全部で6組の出演者がいたんですが、いくつか女王様のパフォーマンスがありまして。M男と、とか、M女と、とか。
で、やっぱ女王様って色んなタイプの人がいて面白いなぁと思いました。そんでもって身内贔屓じゃないけど、あたしはパーティー主催してくださってる女王様のプレイスタイルが好きだなぁと思った。何がいいって、顔がすんげー笑ってるところ。鞭振る時の顔がホントに楽しそうなんだもん。あんまし感情を表に出さずに常に高いところからMを見下ろしてるっていうスタンスを崩さない女王様もいて、それはそれでいいんだけど、個人的には見てて怖いので(笑)、やっぱM男を苛めて嬉しそうに笑ってる女王様の姿って可愛いなぁって思ってしまったんです。つい笑みがこぼれるっていう方があたしも理解できるし、実際あたしはすげー笑ってるし(笑)。
技術面ではどの出演者も勿論凄いし見入ってしまったんだけど、感情移入できたのはその女王様とM男くんのパフォーマンスでした。まぁ、知ってる人たちだったからっていうのもあるんだろうけど。なんていうか、敷居が高くない感じというか。やっぱ怖そうな女王様って高慢ちきに見えたりして、そうじゃないんだろうけど、ただあたしが目指すS女像は絶対そこじゃないよなと、相容れないところがあって。観てて清々しい気持ちになれたのはその二人の調教だったなぁ。サバサバとかっこよく、楽しそうに笑みを絶やさず。普段のキャラクターから外れることなく日常の延長として、でも非日常として。計り知れない狂気と同じだけの優しさを。・・・なんかそんな感じ、今あたしが思うSM。

ショーの後は友人Yと焼肉を食いました。SM観た後に肉を喰らうというのはなかなか素敵なことだなと思いました。
[PR]
by coffee-cigarette | 2006-03-05 01:16 | SM
<< 新宿アラカルト 撮影と体調不良 >>