講習会

仕事の話題をとんと書いてない気がする。気がするっつーか、事実そうだ。

面白い人に出会うと、「ネタになるなー」と思いつつ、つい更新を怠ってしまったが故に、自分の中では既に過去の出来事として色褪せてしまうし、面白く書けそうもないなぁと、なんとなく断念しております。


12月の話ですが、風俗嬢のお仕事向上のための講習会がありました。
あたしの在籍するお店がやったことじゃなくて、某大手アダルトグッズストア主催で開かれたものです。
あたしの尊敬する風俗嬢友達が講習会があることを教えてくれて、参加してきました。
講習会の内容は、接客技術向上のためのレクチャーと、STDに関する勉強会という2部構成。

接客技術に関しては、シャワーの入り方が凄く勉強になった。具体的に書き出せませんが(笑)、1個、万人に役立つ情報を。シャワーだけしか浴びないのは、身体が冷えて寒いですよね?でも、首の後ろを先ず丁寧にあっためてあげると、身体全体がぽかぽかする感じがするようです。首の後ろには交感神経が集中していて、そこを温めてあげることで熱が身体全体に行き渡るんだと。そんなこと既に皆さん知ってるんでしょうか。あたしはまったく知らなかったので、かなり有益な情報でした。
講師の女の子が現役風俗嬢だったんですが(他にも講師陣がいて、風俗店のコンサルタントとかAV監督とか)、彼女が非常に多くの方法を身につけていて、年下なんだけど、学ぶところが多くて唸ってしまいました。

仕事に向かう時、色んなことを考えます。絶対に初心を忘れないこと、お客さんの感情を汲み取ること・・・
でも、具体的にどうしたらいいのか、漠然としていて自分自身解っていませんでした。頑張ろう頑張ろうと思っても、頑張る気持ちだけが先行して、実行力が伴っていなかった。それが今回の講習会で、何か、開けたような気がする。

それから、最も大きな収穫だと思ったのは、講習会に参加する他の風俗嬢に出逢えたこと。向上心のある女のコがこんなにいるんだ!と思ったら、すごく嬉しくなったし、刺激にもなった。



後日誘ってくれた風俗嬢友達とごはんを食べたんですが、その時に

「風俗嬢って肉体労働だと思われるけど、ものすごい感情労働よな。」

という話になりました。
そうなんだよなー、と改めて思い知らされた。肉体労働であることに間違いは無いんだけど、要は、“お客さんを気持ちよくしてあげる”と言うのは、身体だけじゃなくて心も精神的にもそうしてあげなければならないのが理想であって、それって限られた時間内でどれだけ初対面の人と打ち解けて感情を吐き出させることが出来るか、というコミュニケーション能力とか人の感情を素早く読み取って行動できる気遣いとかが重要になってくるんだよね。

大雑把で自己中心的なあたしは、初めて風俗店で働いた時、こんな大変な仕事は無い、と思いました。他人に気を遣うということが全く解らなかったから。でも同時に、この仕事をこなせるようになったら、相当にイイ女に成るんじゃないかとも思いました。
この仕事を通して、以前のあたしより少しは成長出来たんじゃないかと、思いたい。
あ、あと飲食店でのアルバイトも良い影響をあたしに与えてくれてますよ。
接客業というのは、人として学ぶことが本当に多い。



STDに関するお話をしてくれたのは、都内で開業している婦人科の先生(♂)だったんですが、凄く素敵な先生で、青猫のど真ん中打ち抜かれました。
年齢不詳で、線が細くて中性的なビジュアル、まるでどっかの貴族なんじゃないかと思わせる物腰の柔らかさと笑顔。お召し物もかなりステキングで、あたしの第一印象は「・・・野ばらちゃんっ!?」でした。
その人、ホントに野ばらちゃんみたいだったんです。野ばらちゃんと同じオーラを身に纏ってた。

講習会が終わったと、希望者だけでお茶しにファミレスに行ったんですが、その時その先生が、医者になる前にフランス文学の翻訳を生業にしていたと聞いて、なんかもう、納得したよ。
先生をかかりつけのお医者さんにしようかなぁと、それ以来考えています。ただ、あたしの住まいから先生のクリニックへのアクセスがめんどくさい・・・でも先生に会いたいし・・・「野ばらちゃんみたい」って言えなかったし・・・それ伝えたいし・・・ああ、でも例の診察台に座るの嫌だな・・・でも先生だったらいいかなー♪あー先生とフォーリンラブしたらどうしようっ!!!


・・・と、そんな感じでとっても素晴らしい講習会でした。
風俗嬢の持っている知識は、全ての男子女子にとって大事な知識であり情報である、という参加者の意見の一致も興味深いことでした。
[PR]
by coffee-cigarette | 2007-01-15 21:32 | 仕事
<< リトルミスサンシャイン バーゲンですなぁ… >>