カテゴリ:未分類( 241 )

部屋の掃除/ガーリー映画

妹が突然上京してくることになり、お部屋に泊めてあげなければなりません。
あたしの部屋、もうずっとお掃除なるものを行っておりません。もう、ずっと。
どんくらいずっとやってないかって言うと、そらもう、

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと

ですよ。

ええ、憚られるので、あたしにも若干の羞恥心が残っているので、はっきりとは申し上げられませんが。
ただね、部屋が汚い原因はハッキリしてんの。
ものが片付けられない
これに尽きます。
だけん、とっちらかってるお洋服と雑誌・書籍等をきっちり棲家に戻してやれば事なきを得られる。もうホント、こいつらの威力が凄まじいけん。どっちがボスかわかんないから。だけん、あたしホントはお片付け出来るんだよ。
めんどくさいだけなの。ケツに火がついて全焼する寸前になんないと危険性に気がつかないタイプなだけなの。







話は変わって、前日『マリーアントワネット』を観に行きました。
ソフィアコッポラ最新作。
彼女の作品は『バージンスーサイズ』しか観てないんだけど、アレ観て正直意味解んなくて、なんつーか、なんとなく雰囲気だけの、オサレ映画?みたいな?キュートなキャスティングとかっこいい音楽、お洒落な衣装にインテリアで持ってます、っていう映画に感じられて、や、そういうのアリなんだけど、それでもやっぱりなんかよく解んなくて、「あーあたしこの世界観共有出来ない」って思ってたんだけど、兎に角主演のキルスティンダンスト見たさに映画館へ足を運んだのであります。
だって、あの可愛さ、ハンパないんだもん。

映画の内容は想像通りと言うか、まぁ、ベルばらも読んでたし、多少はあの時代の知識を持った上での鑑賞となりましたので、マリーアントワネットという人物の生涯を、皆が知ってる程度の認識で持って描いているだけで。それを彼女流にポップでキュートに仕立てましたって映画です。
中身はない。まぁ、ソフィアコッポラの映画に中身なんてそもそもないんだけど。
マリーアントワネットが最後処刑されるのは、皆さんご存知の通りですよね。映画は、民衆が蜂起して王室が追いやられるところまでを描いているのですが、なんというか、後半の若干シリアスになるところは、ソフィアコッポラの映画には似合わないと思った。‘おバカで世間知らずなお姫様・マリーアントワネット’だけを描いて欲しかったなーと、個人的には思いました。ということは、映画(約2時間)という尺は、この題材には長すぎる。たとえば誰かのミュージックビデオとかショートフィルムといったアプローチで、短くいいとこ取りだけして楽しく可愛く終われば・・・などと思ってみたり。

あれですよ、やっぱね、フランス国民の96パーセントがパンも買えない貧しい平民だった時代なんですよ、マリーアントワネットの時代って。それをね、ヤツは国民の血税で遊びに遊んでたわけですよ。とても許されませんよ。いくら過去の、大昔の話といえども、あたし個人としては非常に強い怒りが湧き上がってくるんですよ。わずか14歳で政略結婚させられて孤独だったのかもしんないけどよ!飢えと貧困に喘いで青春のせの字も知らないで死んでった名も無い無数の国民のことを思うと、とても同情なんてできゃしねー。

って、そんな社会派の映画ではないので、そもそもあたしの見方が悪い。解っています。ごめんなさい。

キルスティンダンストは、想像を裏切らないプリティさで、瞬殺されちゃいました。映画のタイトルはキルスティンダンストでもいいよ。
[PR]
by coffee-cigarette | 2007-02-06 12:11

まーめ!まーめ!

タイトルは特に意味無いよ。
節分だけんね。
恵方巻きなる太巻きを食べる際は是非
「太~い♪」
とイヤラシク舌なめずりしながら言ってから食べましょう。
あたしはやらんよ。
太巻きに興味ねー。







最近、仕事の時年齢を若く言われることがやたら多いDEATH。

こないだ面白かった会話。


「何歳なの?」
「ん?23だよ。」
「え、本当?20くらいかと思ったよ。若く見えるのに正直に年齢言ってくれて…」





や!23もサバ読んどるけん!!


やたら20歳くらいと言われます。
肌年齢は実年齢以上なのに。

オプションのコスプレでどんなお客さんからもセーラー服を指定されますよ。
ごめんなさいだよ。なんか、色んな人にごめんなさいだよ。


全然話違うけど、先日仕事帰りにおうちに向かって歩いてたら、赤信号で停まってる車が青で発進するのに合わせて、ホンットタイミングよく、その車から「スリラー」が流れてきて、早朝のうっすら明るい道端であたしは一人思わず笑ってしまいました。
だって「スリラー」だよ?!
早朝にスリラー。
発進に合わせてスリラー。
外に漏れ聞こえる音量でスリラー。

朝っぱらからマイコーに頭ん中電波ジャックされました。
[PR]
by coffee-cigarette | 2007-02-03 11:19

ファーストフード屋さんで、知り合いにめっちゃそっくりな人を見かけ、本人だと思い込み、ガン見してたらつかつかとその人が寄ってきて、あたしの隣に座っていた人に話しかけました。



ごっつ恥ずかしい…

人知れず恥ずかしかった…
[PR]
by coffee-cigarette | 2007-02-02 20:58

姜尚中/デトロイトメタルシティ/もやしもん/ベルばら

女は子供を産む機械じゃねー。
ああいう阿呆は、皆死刑だ。





最近読んだ本。

『姜尚中の政治学入門』
東大の政治学、政治思想史の教授が書く現代日本を取り巻く環境と今後の展望。
よくテレビにも出ていますよね、このおじさま。ちなみにカンサンジュンと読みます。
青猫、このおじさまが大好きで。すんげーかっこいいんですよ!!!!メガネ男子で、口元の笑い皺とかもう、クラクラしますね。冷静な分析、批判的な視点、どっちかっつーとSな青猫ですが、このおじさまにかかればM心が開花してしまいます。メガネの奥の突き刺すような視線!!
本書は7つの章で構成されていて、それぞれ1章・アメリカ、2章・暴力、3章・主権、4章・憲法、5章・戦後民主主義、6章・歴史認識、7章・東北アジアとなっています。この目次を見ただけで、おじさまが何を言わんとしているか解るというもの。今まさに時代の転換期であるということを、猿でも解るお言葉で書いておいでです。
“近代国家は中性国家だ”というくだりが個人的には印象的でした。中性国家というのは、宗教や道徳といった個人の価値観に還るような事柄と法機構とを完全に切り離した国家のことを指します。(丸山眞男が言ったことらしいです。勉強不足でおじさまごめんなさい。)つまり、憲法や法律に個人の価値観に通じるような文言は本来入れてはならないと。三権分立の基本を知っていれば当たり前のことなんだけど、現在盛んになっている改憲論議には、愛国心に関する文言を盛り込もうとする流れであったり、明らかにナショナリズムに繋がる危険な思想を孕んでいて、改めてその危うさを突きつけられました。
数年前大ブームだった“声に出して読みたい日本語”とかいう“美しい日本語”をプッシュする書籍も一種のナショナリズム。美しい言葉、美しい自然、美しい文化、どれもこれも実態がないくせに、あたかも当たり前に存在するような言われ方をしていて、それを鵜呑みにするのはあまりにも危険。(美しい日本とか言ってた人おったなぁ・・・)国家っつーのはそこに住まう人間を守る、それだけの役割でいいはずが、行動や思想を統制しようとする方向に、今まさに日本は向かおうとしていますね・・・
ちなみにこの本をより効果的に読むにあたっての注意点。姜尚中が自分のために語りかけている!と陶酔して読むのが正しい姿勢。嗚呼おじさま、そんなに青猫を見つめないで!そんな風に射抜くような視線を浴びせられたらどうにかなってしまいそう。嗚呼おじさま、この憐れなメス豚めをどうか縛り上げてくださいまし!!ギャグボールでも猿轡でもくくりつけて辱めてくださいまし!!嗚呼、もっと打って!!もっと打ってちょうだい!!!・・・ま、まとめると、そんな感じの本かな。かなりおすすめです。



『デトロイトメタルシティ』
以前から気になっていた漫画。デスメタルギャグ漫画です。
主人公はカリスマ的な人気を誇るデスメタルバンドのボーカル&ギター。キッスみたいなメイクに、おでこには「殺」の文字。かなり鬼畜な歌詞で熱狂的なファン層を獲得しているデトロイトメタルシティ(略してDMC)なのですが・・・
実はボーカルの男の子は、本当はデスメタルなんかやりたくなくて、お洒落な音楽がやりたくて九州の田舎から上京してきた、純朴で地味な青年なのです。ホントはカヒミカリィやフリッパーズが大好きで、カジくんみたいな気持ち悪い音楽(これ、褒めてるから)がやりたい男の子なんです。それが何故か、デスメタル。(カヒミが好きという設定もかなり笑える・・・や、あたしもカヒミ大好物だけど)
本当はこんな音楽やりたくないんだ、と思う彼の心とは裏腹にステージでは完璧なパフォーマンス、怒りや憎しみに駆られた時に湧き上がる曲はさすがカリスマデスメタルバンドのボーカル!!と思わないではいられません。
まだ1巻しか読んでいなくて何故デスメタルなんてやることになったのか、経緯が解らないのでスが、まぁ兎に角くだらない。しょーもなくて、主人公のやるせない境遇も、やっぱりしょーもなくて、笑えて仕方ありません。
中古本屋さんにあれば是非ゲットしてください。





『もやしもん』
これもずっと気になっていた漫画。主人公の男の子は、菌が肉眼で見えるという特殊な能力の持ち主。幼馴染と農大に入学して、そこでの色々な出来事を描いた漫画。ギャグ漫画ではないんだけど、青春漫画って風でもない。
とりあえず肉眼で見える菌が、すこぶる可愛い。もぉ~~~、可愛い!!!
醸造する過程で、発酵していくことを業界用語で「かもす」(醸すですね)と言うらしいのですが、菌がね、菌がね、「かもすぞー」って言ってんの!!もー可愛いっ!!
O-157なんか、「かもして殺すぞ」とか言うの!!!もーたまらんっ!!!(ちなみに「発酵」と「腐敗」は同じことで、人間にとって有益なものを「発酵」、それ以外を「腐敗」と呼んでるだけで、はたらく菌にとっては「かもす」ことに変わりは無いんだってさ。)
生物の勉強にもなるんだけど、菌のイラストのせいでかなりゆる~いスタンス。今あたしの中ですげーアツイ作品。




『ベルサイユのばら』
妹ぴろこたんが送ってきてくれたベルばら。
あまりにも有名。有名すぎて、読むことが無かった作品なんですが、送られてきたからにゃあ読まないわけにはいかない。
あと、ソフィアコッポラの『マリーアントワネット』を観る前に多少なりともあの時代を捉えておきたかったので、グッドタイミング。
この壮大なストーリーは、筆舌に尽し難いものがあります。
池田理代子は、凄い。
何年か前にトーク番組に池田理代子がゲストで出ていて、ベルばらの話ももれなくしていたのすが、その時、「オスカルは女性解放の象徴だった」と言うようなことを言っていたんですね。ベルばらが描かれた年代というのは、女性の社会進出が主張され始めたような時代で、ウーマンリブ運動なんかも盛んになった頃なんじゃないでしょうか。「男が外で働いて女は家庭を守る」という暗黙の了解が崩れ始めた、まさに初期段階だったのではないかと。
トーク番組で池田理代子がベルばらをそういう意識の元描いていたということを知って、俄然興味が湧いたんですよ。
で、やっぱジェンダー目線でついついベルばらを読んでしまったんだけど、もう、涙がちょちょぎれて。
オスカルが自身の人生にしっかり責任を持って信念を貫き通す姿や、アンドレとの愛を全うする姿は、あまりにも美しい。
こんな美しい人になりたい、と思いました。
まだ読んだことのない人は、絶対読むべきです。
ベルばらはあたしの人生のバイブルになりました。




ちなみに今樋口一葉の小説を読んでるんだけど、すんげー面白い。儚くて哀しいお話。
ちなみに文体もかなり面白い。町田康のような。だらだらと切れ目無く会話や描写が続くの。
24歳で死んだなんて、もったいないなー・・・しかし夭折した人ばかりなんでこうも好きなんだあたしは・・・
[PR]
by coffee-cigarette | 2007-01-31 14:22

三回忌

今日はおじいちゃんの三回忌でした。

昨日のうちに実家に戻り、お昼におばあちゃんとお墓参りをして、夜はちゃんやまさんとごはんを食べました。そのあと妹を迎えに駅まで行き拾って帰宅しました。

夜はきょうだい3人(あたし、弟、妹)コタツに入って眠りました。仲良しこよしです。


法事は滞りなく終わりました。
正直ネタがない…。

あると言えば、3つ。

「青猫のいびきがうるさくて眠れんかったわー」

ってぴろこたんに言われた…。弟も「うんうん」って同調していた。

…もーあたし眠れないっ!!!

朝から大打撃。


2つ目。お母さんから聞かされたんだが、おばあちゃんが2日くらい前に出雲大社に行ってお守りを買ってきたんだそうな。出雲大社、縁結びの神様で有名ですね。
「おばあちゃん出雲大社のお守りなんてどげすーだぁ?」
ってお母さんは訊いたそうです。

「青猫に。」
ジョークじゃなく本気なおばあちゃんにかなりの痛手を食らわされた。


それからも一つ。
これ、凄いよ。
お墓参りにばあちゃんと行ったときに聞かされたんだけど。
おじいちゃんの戒名をお墓の石に彫ってもらうのにお願いに行ったおばあちゃんは、漢字を覚えてるつもりでサラサラッと紙に書いて帰ったそうなんですが、その晩、おじいちゃんが夢に出てきて

「お前、一字違っちょーぞ。」

って言ったそうなんですよ。
で、おばあちゃんもあれ~?なんて思いながらも確認してみようと再度石屋さんに向かったら、ホントに一字違っていたんだそうです!!

「だけんな、仏さんはちゃんと見ちょーさーだけん、お墓参りや供養はしっかりやらんといけんだじぇ」


…ジジィ、見とんのか!?
青猫の夢にも出てきたでしょう?びしょ濡れだった意味が全く分かんないんだけど、あたしの様子見にきただ?





相変わらず徳のない坊主の態度や説教に苛々しとったら、

「そげに苛々すーな」(阿呆は相手にせんでもいい、って口調)

っていうじいさんの声が聞こえた気がしたんです。

おじいちゃんはあたしの人格形成に影を落とした張本人だけど、死んじゃった今更悪いこと言えない。
おばあちゃんの涙であなたは全てを許されたんだよ。






正月以来のきょうだい3人は、相変わらずの下ネタで大暴走でした。(妹とあたしが九割九分を占める)クマのプ○さんとス○ーピーのぬいぐるみを卑猥に絡ませたり、SMごっこに使ったりしていました。

やっぱりぴろこたんは天才だな!と思いました。
[PR]
by coffee-cigarette | 2007-01-27 20:46

美しく生きたいって誓う

只今帰省中。
毎度お馴染み夜行バス。

おじいちゃんの三回忌なんです。


ところで、歯軋りって強烈ですね。

もしかしてあたしもやっとんのかしらん…



可愛い妹、ぴろこたんが、“ベルばら”を送ってくれました。ラーメンズのDVD(大量)と共に。
ま、強制的に読め、と。

『ベルサイユのばら』 、初めてちゃんと読むんですけど、すげーな。
ありゃ、すげー。
池田理代子、すげー。
まだ途中なんだけど、泣けて仕方ありません。

オスカル…

オスカルーーーーーッ!!

人生のバイブルだ。ベルばら。

あんな風に信念貫きたいな…
[PR]
by coffee-cigarette | 2007-01-26 04:51

残念な子です

軍鶏(しゃも)を堂々「ぐんけい」と読みました。

ドン引きされました。

お母さん、青猫は頭弱くてもちゃんと生きていますよ…




電車で好みの女子を見かけるとずっと見つめています。

降車駅が同じだと、改札を抜けるまでは必死で後ろを追いかけます。

女子大好き!!加減が最近変態化してきてる気がします…

ま、いーけどっ!
[PR]
by coffee-cigarette | 2007-01-24 21:19

ラブリー

a0050186_206689.jpg

愛するクロエちゃん。
ギザカワユス、だっけ?

あたしは所有するぬいぐるみとかフィギュアとかについ名前をつけてしまいます。

痛い子です。
[PR]
by coffee-cigarette | 2007-01-23 20:06

ちょっとした勘みたいなもんが

ちょっとした勘みたいなもんが、あたしあるんです。

ってことに先日気がつきました。



どんなもんかっつーと、うたた寝とか昼寝とかしとるときに、「…あ、〇〇からメール着た…」ってわかることがある。

ちなみにあたしは、携帯のメールの着信メロディ及びバイブ機能を全てオフにしているので(メールの着メロ、バイブがうっとおしい)、携帯を開かないとメールがきとるかどうかわかりません。

なのに、何故か、時々わかる、メールがきとることが。

自分でも不思議で仕方ありません。

浅い眠りの時って第六感みたいなもんが働くのでしょうか。

こないだ車の助手席に乗っていて、中村くんをBGMに眠っていたんですが、不意に映像が浮かんで、「…あ、料金所…お金払わなきゃ…」って起きたんですよ。
したら、マジ料金所なの。

マジびびりました。

こういうの、ありますか?


それともあたし何か勘違いしとるんかね。
[PR]
by coffee-cigarette | 2007-01-22 22:43

わかりにくいけど

a0050186_11262913.jpg

ペリーの銅像です。

開国シテクダサイヨ~

別ニ減ルモンジャナイシ~

開国シタラネェ、メッチャモテルヨ~
[PR]
by coffee-cigarette | 2007-01-22 11:26